ご挨拶

我が社は昭和34年福岡市に楽器店を創業し、今年で創業50周年を迎えることとなりました。現在7ヶ所のセンター(福岡市南区、博多区、春日市、大野城市、筑紫野市、那珂川町)でヤマハ音楽教室を開設し、3ヶ所の幼保育園会場で音楽教室を運営、音楽教育・楽器販売を通した様々な活動を広範囲に実施しています。

また当社が主宰するドルチェピアノコンクールは、地域に根ざした音楽文化のさらなる発展を願い音楽教育の普及・啓蒙に寄与するものと確信しています。

少子高齢化社会を迎えた昨今、音楽教育や音楽業界を取り巻く環境は厳しく、多くの関係企業が経営の合理化や縮小を余儀なくされる中、我が社は「生徒たちに輝く舞台を」をスローガンに社員、講師一体となり、「生徒、保護者様満足運動」に取組んできました。結果、音楽教室の在籍者数は安定し、社員、講師のご努力に謝意を申し上げるとともに、社会が希求する音楽教育の重要性を理解し、さらに多くの人々に音楽の楽しさを広める努力を今後も続けて行きたいと思っています。

わたしたちは音楽で豊かな楽しい生活を創ることを最も大切なテーマととらえています。そしてお客様に喜んでいただく音楽や楽器、サービスを提供する・・・お客様に満足いただくためには、音楽を聴く、歌う、弾く、創る、そしてなにより音楽を楽しむことが大切だと考えています。社員、講師一人ひとりが夢を抱き生き生きと働き、自ら立てた目標を確実に達成していくことでお客様、生徒様に音楽で豊かな生活を提供するそんな企業でありたいと考えています。

株式会社 フカノ楽器店
取締役社長 藤田 和博

〜経営理念〜

全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、音楽で心身健康な社会を創造する。

  1. 全従業員を育て、守ります。
  2. 日本中の人々を、音楽を通して心身共に元気にします。
  3. 日本でいちばん生徒様・お客様から喜ばれる数の多い会社となることを目指します。

全社員で取り組む10の行動指針

  1. 志を高くもつ
    会社は人間性を高める場所。目標をもって生きる。
  2. 日々感謝の気持ちを持つ(利他の心)
    お客様に喜んでいただくために何でもやる。
    お客様のためならば無料でも奉仕する。
  3. 原理・原則を守る
    常に何が正しいかを考える。
    ものの本質を見る目を養う。
    目的から物事を考える。
    何が大事で何が小事か判断して行動する。
  4. うそをつかない
    正直な仕事をする。失敗・ミスはつきものである。
    しかし、常にお客様にも仲間にも正直に報告し、誠実に対応する。正直が最高の解決策である。
  5. モノを大切にする
    もったいないという生き方をする。
    常に回りを、自分をチェックする。
  6. 約束を守る
    「報・連・相」を必ず行う。「報・連・相」は信頼の行動。
    いくら仕事ができても「報・連・相」のない人は信頼されない。「報・連・相」は人と人とをつなぐ信頼の架け橋。
  7. ありがとうの連発
    どんな小さなことでもお礼を言う。
    「ありがとう」は日本でいちばん美しい言葉。
    「ありがとう」は相手を元気づける最高の言葉。
    「ありがとう」は自分を高めるいちばん大切な感謝の言葉。
  8. 仕事を本気でする
    本気でやればなんでもできる。
    全力で努力をすることで今まで以上の力がつき、自信もつく。
    目標を高くして、常に一所懸命仕事をすることが大事である。
  9. 仲間を大切にする
    積極的にコミュニケーションをはかる。
    後輩を親身になって指導し育てる。
    全員で幸せになる。
  10. 礼を正し、場を清め、時を守る
    明るく元気に挨拶する。
    整理整頓を心掛ける。
    5分前行動を徹底する。